限定正社員読み:げんていせいしゃいん

勤務地、職種、労働時間を限定したうえで、企業と、期間の定めのない雇用契約を結ぶ働き方をする社員のこと。企業側は、労働者の同意なく、限定された勤務地、職種、労働時間などの範囲を超えての転勤や人事異動、超過勤務を命じることはできないが、限定正社員の仕事や勤務地が消失した場合は解雇が有効とされる可能性もある。無期雇用(正社員)の多元化が実態としてすでに進展していること、改正労働契約法の施行により、多様な無期雇用が増加する可能性が高いとして、このような契約類型が増加すると見込まれる。政府の規制改革会議においても、多様な働き方の実現に向け、勤務地や職種、労働時間を限定した、いわゆる「限定正社員」を普及させるための雇用ルールを整備するという内容の答申が盛り込まれた。

(2015年03月30日掲載)