グローバルキャリアサーベイ読み:ぐろーばるきゃりあさーべい

世界13カ国(中国、韓国、インド、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、アメリカ、ブラジル、ドイツ、ロシア、オーストラリア、日本)の20代、30代の大学卒業者を対象に、就職・就労実態について、2012年9月にリクルートワークス研究所が実施した調査。今どのように働いているのか、仕事で重視していることは何か、入職時期や手段、これまでの転職経験など、働くことに関する各国の基本的な情報を把握することを目的に設計されている。そのうち、アジア8カ国について焦点を当てた分析報告書「アジアの『働く』を解析する」が2013年3月に発行された。

(2015年03月30日掲載)