最低賃金読み:さいていちんぎん

国が労働者の最低限の賃金額を法律に基づいて決め使用者側に義務付ける制度。運用は最低賃金法に基づき行われている。その目的は、低賃金労働者の労働条件の改善、労働力の質の向上、企業間の公正競争の確保などである。最低賃金の決定は、労働者の生計費、類似の労働者の賃金、通常の事業の賃金支払い能力などを考慮して決められる。

(2015年03月30日掲載)