エグゼクティブサーチ読み:えぐぜくてぃぶさーち

経営幹部などを採用するにあたり、現職で活躍する社外の人材の中から優秀な採用候補者となる者を探し出すという採用手法。ヘッドハンティングと同義。企業から依頼を受け、人材を探し出しスカウトを行う企業はエグゼクティブサーチファームと呼ばれる。欧米諸国と比べ、これまで日本では経営幹部の外部招聘はあまり積極的に行われてこなかったが、2010年代に入り国内有数の大手企業において社長が外部から招聘されるケースが増えたことで、エグゼクティブサーチへの注目度が高くなっている。

(2015年03月30日掲載)