アサーション読み:あさーしょん

コミュニケーション技法の1つで、「すべての人が自分の意思・要求を表明する権利を有する」との考えを基本とし、立場や意見の異なる他者を最大限尊重しつつも明確に自己表現ができることを指す。1950年代のアメリカで心理療法として開発された技法で、日本に紹介されたのは1980年代である。現在では、対人スキル・組織力を高めていくための有効な技法として、学校や企業など様々な場所においてトレーニングが実施されている。

(2015年03月30日掲載)