カオス理論読み:かおすりろん

個人のキャリアには、絶え間ない変化と不確実性が取り巻く環境において時間軸を超えた非直線的な行動パターンという特徴があり、こうした現象を説明するためにカオス理論が用いられるようになった。カオス理論では、先行するキャリア選択や状態が後続のキャリア決定や状態に大きな影響を与える(バタフライ効果)とされ、初めて社会に出る時や職を移行する時、家族での経験や学校での学習といった初期の経歴が後のキャリアに大きく影響すると説明されている(Heiby,1995)。

(2015年03月30日掲載)