正社員読み:せいしゃいん

正規雇用で雇い入れられた無期限雇用の従業員のこと。勤め先では社員とも呼ばれる雇用形態の従業員のことであり、アルバイト、パートタイマーなどの非正規従業員との違いを表すために正社員と呼ばれる。厚生労働省の統計においては一般労働者と呼ばれる従業員とほぼ等しい。終身雇用・年功序列の雇用慣習が主流となっていた時代は雇用者に占める正社員の割合は高かった。だが、経済のグローバル化や景気動向の変化などにより雇用形態の多様化が進み、また、リーマンショック、デフレ時代の到来により、人件費コストの柔軟化が図れる非正規雇用を企業が積極的に活用するようになったため、比率は減少。若者を中心に、正社員になれず非正規社員にとどまる者が多くなっている。

(2015年03月30日掲載)