中途採用読み:ちゅうとさいよう

職務経験者を対象とした採用のことであり、職務経験の少ない新卒者を対象とした新卒採用と対比される。中途採用は、その採用目的別にいくつかにパターン化される。即戦力として経験・能力・スキルなどを重視したキャリア採用、中長期的視野でのキャリア形成を目的とした第二新卒・若手採用などである。企業が中途採用を行うメリットは、経験者で高い能力・スキルを持った人材を即戦力として投入できること、外部からの人材流入による組織の活性化が期待できることなどである。一方、デメリットとしては採用数が限られること、特定の企業文化の影響を受けているため、新しい組織への適応ができずに早期退職してしまうリスクが高いことなどが挙げられる。

(2015年03月30日掲載)