就業形態読み:しゅうぎょうけいたい

就業における区分。雇用形態が雇用契約を前提に分類するのに対し、就業形態は企業と雇用関係のない就業者も含む。具体的には、正社員、契約社員、嘱託社員、出向社員、派遣労働者、臨時的雇用者、パートタイム労働者、自営業者など。近年は、正社員以外の就業形態で働く者が増えており、企業は「専門的業務に対応するため」「即戦力・能力のある人材を確保するため」に契約社員(専門職)を雇用したり、「高年齢者の再雇用対策のため」に嘱託社員を採用するなど、ニーズに合わせて人材を調達している。

(2016年03月28日掲載)