民間委託読み:みんかんいたく

国や自治体などが行う業務や研究などを、民間企業や団体などに委託すること。自治体の財政再建のためのコスト削減、民間ノウハウを活用することによるサービスの向上、民間の雇用の拡大などを目的として行われる。2001年以降、小泉政権による構造改革、規制改革によって「官から民へ」の流れが急速化した。労働分野においては、「キャリア交流プラザ事業」「人材銀行事業」「求人開拓事業」が市場化テスト対象事業とされ、一部地域においてテスト導入が行われたが、官制システム上で民間ノウハウが生かされず委託は頓挫した。 2014年、産業競争力会議で公共職業安定所(ハローワーク)の改革について検討された。

(2015年03月30日掲載)