内定読み:ないてい

就職活動における内定とは、勤務開始時期を明示し企業にそれを取り消す権利を留保した労働契約のことである。新卒採用においては内定式(多くの場合は10月1日)以前の内定は内々定とも呼ばれる。新卒採用では、ほとんどの学生が複数の企業へのアプローチを行い、複数企業からの内定を受ける。必然的に内定辞退というケースが生じるが、企業側は辞退による利益放棄の事実を明確にするために学生に対し誓約書の提出を求めることになる。一方で、卒業できない、提出書類に虚偽の記載があった場合など、客観的に判断し合理的で社会通念上相当と是認される理由がある場合は内定を取り消すことが可能とされている。

(2015年03月30日掲載)