昇格読み:しょうかく

昇格は、社内で制定された資格等級制度上の等級が上がることであり、職能資格主義的な人事制度が運用されている企業では特に、昇格することと昇進すること(課長・部長などのポストに就くこと)は同義ではない。社内の資格等級制度は給与体系のベースになっていることが多いため、昇格することは多くの場合、基本給の上昇を伴っている。

(2015年03月30日掲載)