Column

main02

ソーシャルCV&レジュメ・ビルダー
効果的な履歴書作りをサポート

ttl03_gear02_newSocial CV and Resume Builder
代表的なサービス

就職活動や転職に欠かせないレジュメ(履歴書)。レジュメを作成したことが殆どない、または自分のスキルや経験をどのように文章でアピールすればよいか分からない求職者にとっても、非常に便利なサービスが増えている。たとえば、必要事項を入力するだけでレジュメが作成できるアプリや、Twitter、Facebook、Google+などのSNSと連動して、名前を検索するとレジュメが表示されるアプリなどがある。
最近では、動画のニーズも増えており、不慣れな人でも簡単に作成できる。求職者にとってレジュメや動画の作成は身近なテクノロジーであり、初心者からプロフェッショナルまで、自分に合った活用ができるため利用者も多い。

人事との関連性
人事はレジュメを見ないとも言われる中で、求職者は自分のレジュメがいかに人事の目に留まるか考えている。さまざまな工夫を凝らしたもの、型破りなものも散見される。人事は膨大なレジュメの中から、自社の求める人物像に合ったものを効率的に探し出すサービスを活用している。最近はSNSとの連動で、より深い求職者の情報も入手できる。
近年、リクルーターは直接会って面接する件数を削減しており、動画を利用した簡易面接にも興味を示している。そのためレジュメや動画の精度の向上は、求職者を選択する側にも役立っている。
一方、解雇の対象者や契約が満了前の契約社員などに、これらのサービスを提供できる。

サービス例

  1. VisualCV:テンプレートの提供
    既存のレジュメのテンプレートは15種類。求職者にどのような情報をレジュメに書くべきかをガイドし、魅力的なフォーマットなどのテンプレートを提供する。また、実際に作成された8,000種類以上のレジュメのサンプルも参考にできる。
  2. JOBMA:自己アピール用動画の作成
    動画面接用に30秒程度の求職者のアピール動画を作成する。求職者は自分のプロフィルや経歴データに動画を添付できる。応募の際に紙のレジュメでは伝え切れないセールス・ポイントを短時間でアピールでき、企業は簡易な面接手段として代用できる。
  3. RezScore:レジュメの改善方法をコーチング
    レジュメをアップロードすると、アルゴリズムがレジュメの完成度をスコアで表し、改善方法を提案する。文法やスペルミスなどを直す有料のオプションサービスもある。

ビジネスモデル(課金形態)

  1. 求職者がサービス料をサービス事業者に支払う(個人課金)
    無料の基本サービスと有料のオプションサービスがある。
    Social CV and Resume Builder相関図01
  2. 企業や組織がサービスを購入し、求職者に無料提供する
    ジョブボード、人材紹介会社、協会などがサービスを購入し、求職者に無料で提供する。
    Social CV and Resume Builder相関図02

今後の展望
ソーシャルCV&レジュメ・ビルダーの市場は成熟しており、求職者が求めるサービスを提供している。しかし、人事がレジュメから採用後に発揮する能力を予測するのは難しく、将来は、マッチングシステム(Matching Systems)サイコメトリックアセスメント(Psychometric Assessments)などのテクノロジーがレジュメよりも優位になる可能性がある。今後しばらくは、レジュメ作成サービスや自己アピール用の動画作成を提供するサービスは、「安定したニッチ」として継続するだろう。

グローバルセンター
村田弘美(センター長)
鴨志田ひかり(客員研究員)

HRテクノロジーマップ
※クリックすると拡大

00_ttl_esmjpcircle1200出所:TTL “Talent Acquisition Technology Ecosystem”を基に再分類し筆者作成(2016.10)

[関連コンテンツ]
・HR Technology Trends 世界の人事が注目する28の「HRテクノロジー」トップページ
・HR Technology Trends 世界の人事が注目する28の「HRテクノロジー」とは?
・HR Technology Trends 01 キャリアのアドバイスやコーチング
・HR Technology Trends 03 ジョブサーチオーガナイザー
・HR Technology Trends 04 ソーシャルネットワーク
・HR Technology Trends 05 エンプロイヤーレビュー
・HR Technology Trends 06 リファラルツール
・「HRテック」においても日本はガラパゴスか

2017年05月19日(一部改訂)

2016年12月28日