対談タイトル
未来予測ロゴ   育成課題が複雑化。人材は、4象限に分けて考える
     
牛尾  

2つ目の課題は人材開発です。グローバル化により育成課題も多様になるでしょう。我々は、人材を4象限に分けて考えています。縦軸は日本人か外国人か、横軸は働く場所が日本か海外か。日本人向けに非常に手厚いビジネススキル教育を行いながら、海外ローカル向けには、今までプログラム自体が充実していませんでしたからビジネススキル教育は急務です。今、アジアや中国でやり始めています。

 

大久保  

日本人のグローバルリーダーはどう育成しますか。早くからいくつか海外マーケットを経験させるとか?

 

牛尾  

それも一手。そのためにはより計画的に人事を行う必要がある。たとえば、現在の現法トップは50代が多いのですが、30代で一度経験させる仕組みにならないとグローバルリーダー育成は難しい。やがては事業部に任せきりではなく、コーポレート主導で変えていかないとならないでしょう。

 

大久保  

グローバルでトップ人材を選抜し育成していく取り組みなどは?

 

牛尾  

そこまでは出来ていませんが、必要性は感じています。今までのように現法トップを日本人が交代で務める体制でいいのかと。ローカル社員も、もっと多くトップに登用されてもいいと感じています。

 

大久保  

その場合も、戦略的意思決定のコアは日本に置くのでしょうか。

 

牛尾  

その辺は変わっていくのではないかと思います。たとえば弊社のデジタルプロダクツの売上げは7~8割が海外。パソコンなどは8割を超えている。そうしたビジネスの本社がなぜ日本にあるのか。事業ごとに本社が違ってもいいと思います。いちばん市場に近い地域でビジネスを展開するほうが合理的です。

 

大久保  

ヘッドクォーターが分散していく。

 

牛尾  

事業分野が広いのでそれもありえます。

 

大久保  

ただローカル化には負の要因もあると聞きます。

 

牛尾  

ガバナンス体制は考え直さないとならないでしょう。日本人の間では当たり前の、こういうことは事前に決裁が必要、報告が必要という不文律を、はっきり明文化して外国人社員に伝えることから始めないと。

 

大久保  

ある企業で、日本本社の経営会議をどう行えば現地の人が理解できる会議になるか、がテーマになっていると伺いました。

 

牛尾  

そうなんです。通知の流し方1つにしても、駐在人が英訳して現地トップに伝えるような今の体制は変えないとならない。それほどローカル化というのは多岐にわたる課題がある。すべてがクリアにならない限りなかなか進まない。逆に言えばそれらをすべてやらなければならないということです。これまで日本はやってこなかったわけですから。

 

     
未来予測ロゴ   高齢者活用は経験やメンテナンス重視事業に可能性
     
牛尾  

もうひとつの課題はダイバーシティの推進です。女性役職者比率は3.5%まで進み、グローバル採用も前述の通り定着。障害者雇用も法定雇用率を上回っています。残るは年齢によらない雇用。ここが現状では難しい。

 

大久保  

高齢化問題は、年金問題などもあり時間的にあまり猶予がありませんが。

 

牛尾   確かにそうですが、我々は今、簡単に人員を増やせる状況ではない。一律に定年延長は難しい。ただ個別には、社会インフラ分野など経験がものを言いメンテナンスが欠かせない事業や職種で、可能性がある。

 

大久保   社会インフラ分野は、海外でもノウハウやメンテナンスが必要とされています。でも、高齢者はあまり行きたがらないのでは?

 

牛尾  

いや、かつて海外に行った経験がある人は案外行きたがります。高齢者を生かす場として期待できると思っています。

 

大久保  

行った場所だと抵抗がない。

 

牛尾   以前東南アジアで、労働争議のような状態になったことがあります。ビジネスライクに事を進めすぎたんですね。ところが工場立ち上げ当時の、現地の従業員とスキンシップを取ってくれるようなベテラン社員が現地に行ったら、途端にすべてが解決してしまったんです。グローバル化は必ずしもビジネスライクなことばかりではなく、結構人間臭い面もある。そうしたところでの高齢者の活躍は、まだまだあるのではないかと思っています。

(TEXT/荻原 美佳 PHOTO/刑部 友康)

 

     
対談一覧   BACK
■ 下記ご感想をお聞かせ下さい >>>こちら  ※ご感想は後日、サイトまたは冊子で匿名にて掲載させていただくことがございます。
1. この対談について
2. 日本企業全般の人と組織におけるこれから10年の変化について
↑page top