対談タイトル
未来予測ロゴ   エンジニア獲得競争激化。新卒採用も能力別給与に
     
大久保  

エンジニア獲得競争が激しくなり、年俸ベースが上がり続けています。

 

中島  

そこは、世界最高水準の人材をそろえていく方針なので、出し惜しみはしません。世界レベルの経験、実績があるエンジニアであれば年収3000万円、3500万円もありえる。新卒採用に関しても、一律の初任給をやめ、学生の実力に応じた年収を提示しています。ただ、本当のところ、エンジニアはあまり給与に心を動かされませんね。

 

大久保  

では、何がエンジニア獲得競争における優位性になるのでしょうか。

 

中島  

弊社の場合は、グローバルであること、優秀な人材がいること、思い切り成長できること、この3つです。技術コミュニティの中心人物やカンファレンスで度々目にするようなエンジニアが隣の席で仕事をしていることはエンジニアにはとても魅力的。また、優秀な人材であれば、今すぐにでも任せたい重要なポジションがたくさんある弊社の状況も、早く成長して市場価値を高めたいと考える人には非常に響くようです。2010年、ヤフーとDeNAの提携がネット業界で話題になりましたが、その責任者も新卒入社数年目の社員でした。

 

大久保  

我々の分析でも、上位2~3割の優秀な学生は、優秀な人の多い会社で働きたがります。自分の成長力が高まると考えるのです。

 

中島  

もちろん日本の伝統的な会社でも、10年、20年、30年のタイムスパンで育ててもらえる。けれどもこの変化の激しい時代、順番待ちはしていられないと感じる学生はとても多いです。

 

     
未来予測ロゴ   エンジニアにい続けてもらえる風土、キャリアを準備
     
大久保  

一般に離職率の高い業界といわれていますが、御社の施策は?

 

中島  

入社の段階で、DeNAで活躍してもらえるエンジニアかどうか、マインドセットも含めてあらゆる面を確認した後に採用するため、離職率は低いです。

 

大久保  

それは非常に日本的ですね。グローバル企業は、インターンシップ受け入れではかなり厳選しますが、そこからの入社に関しては審査がゆるい。反対にリーダーを選出する段階であらためて厳しく選抜する。リーダーになれない人は去れということです。

 

中島  

そこはまったく違います。入社の敷居は高くても、その後のキャリアパスは多様。1つのビジネスや技術を極めるエキスパートはもちろん、エンジニアをまとめるプロジェクトマネジャー、サービスを生み出すプロダクトマネジャー、あるいは事業リーダーの道もある。これらは弊社のエンジニアが、自分たちへの評価のあいまいさを是正しようと取り組むなかで、自らのキャリアを展望して生み出したキャリアパスなので、現実的かつ実践的だと思います。

 

大久保  

我々の研究でも、プロフェッショナルには、専門性を追求したあとビジネスに転じるビジネスリーダー型、複数の専門領域をカバーしながらプロデューサー的な仕事をしていくプロデューサー型、そして専門性を深く極めるエキスパート型の3つのタイプがありました。

 

中島  

なるほど、似ていますね。興味深い。

 

大久保  

先ほど大黒柱を引き抜く話がありましたが、異動を積極的に行う会社は、社員のキャリア展望の持ち方が全然違います。自分のキャリアを客観的に見られるため、早い時期から展望が持てるのです。

 

中島  

弊社も、次にやりたいことが明確な社員が多いのです。そのため「活躍している順に好きなことをやらせる」という異動ポリシーを掲げ、社員にはアサインのチャンスを逃さないためにやりたいことはどんどん表明しておくよう言っています。

 

大久保  

今は自分のやりたいことがわからないという人が多い。会社が「やりたいことはどんどん言ってくれ」と言っても、社員は無駄だと思っていて、これが閉塞感につながっている。本来、会社が自分のやりたいことをわかってくれ、いい仕事をしていればいつかアサインしてくれるという信頼があれば、自分のやりたいことを表明できるものなのです。

 

中島  

成長したいという社員の思いに応えないと、優秀な人材が離れてしまう緊張感があります。これも好きなことをやらせるというポリシーの大事な要因になっています。

(TEXT/荻原 美佳 PHOTO/刑部 友康)

 

     
対談一覧   BACK
■ 下記ご感想をお聞かせ下さい >>>こちら  ※ご感想は後日、サイトまたは冊子で匿名にて掲載させていただくことがございます。
1. この対談について
2. 日本企業全般の人と組織におけるこれから10年の変化について
↑page top