対談タイトル
プロフィール
未来予測ロゴ   東ローマ帝国の興亡に学ぶ
     
大久保  

御社は2010年6月に創業30年を迎え、孫正義社長自ら、大勢の社員を前に次の30年に向けた「新30年ビジョン」を発表されました。300年続くソフトバンクグループのDNAを設計することが最も重要な自分の役割だ、と話されていましたが、何とも壮大な時間軸ですね。

 

青野  

はい。創業30年を機に、次の30年を考えよう、というわけでビジョンをつくっていたのですが、途中で孫正義が「300年を考えたら30年なんて一里塚じゃないか。やはり300年のタームで考えよう」と言い出し、取り組みの視点を大変更しました。

 

大久保  

私は小泉純一郎政権時代の2000年に、2025年の日本を考えるという政府のビジョンづくりに関わったことがあります。最初につくったものは、竹中大臣(当時)に「もっと大きな絵にしてほしい」と言われ、急遽、合宿してつくり直しましたが大変な作業でした。

 

青野  

そうでしたか。私たちはこれからの300年といわれてもピンと来ませんでしたから、長く続いた王朝や企業、宗教などの歴史を振り返ることにしたのです。たとえば、東ローマ帝国がなぜあれほど長い期間存続したのか、何が原因で滅んだのか。それを探ることで、人事や組織、ガバナンスのあり方を考える際の有益な知見が得られるのでは、と考えました。

 

大久保  

どうでしたか。

 

青野  

面白かったですよ。たとえば、戦勝国が敗戦国から決して奪ってはいけないものが3つあることがわかりました。宗教、言語、そして女性です。1つでも奪うと、激しい抵抗が起き、統治がうまくいかなくなるのです。私どもは国内外で企業買収や事業提携を数多く実行して事業領域を拡大してきているのですが、株式保有の割合は20%から40%という場合がほとんどで、何が何でも半数以上、というやり方を採っていません。これは歴史に当てはめてみると、半数を握るということは宗教や言語を奪うのと同じなのかもしれない、と思いました。

 

大久保  

内閣府がつくったM&A研究会の委員をやったことがあるのですが、確かに買収側が株式の半数以上を握っているのに、うまくいかなくなるケースが多くありました。買収を成功させるためには、お金とは別のビジョンや志で相手を惹きつけなければならないということでしょう。

 

     
未来予測ロゴ   先端技術と市場動向に通じていた織田信長
     
青野  

まさにその通りで、私たちは資本的結合より同志的結合を目指しているわけです。たとえば中国のインターネット大手、アリババにも私たちは出資していますが、その子会社タオバオ設立の際には、私たちのノウハウを惜しみなく提供し、事業としての成功に貢献できました。

 

大久保  

ほかには何をされたのですか。

 

青野  

あとは、坂本龍馬、織田信長、聖徳太子の研究です。いずれもパラダイム転換を成し遂げ、日本を世界のなかに改めて位置づけた偉人たちです。

 

大久保  

これまた面白そうですね。私はその3人なら聖徳太子に興味があります。聖徳太子には何人もの人の話を同時に聞き分けた、という逸話がありますが、あれは実は朝鮮からやって来た渡来人の言葉も理解できた、という意味らしいですね。つまり、日本で最初にダイバーシティ(多様性)を実践した人だ、ということです。

 

青野  

そうなんですか。私が面白かったのは信長です。当時、日本には銃が何丁あって、うち信長が何丁押さえていて、象徴的な長篠の合戦では何丁使ったか、ということを、合戦の布陣図を見たり、研究家に聞いたりして推定したのです。さすが信長です。銃という最先端テクノロジーと、そのマーケット変化にとても敏感だったことがわかりました。

 

大久保  

ゲーム理論を使って信長の生き方や戦い方を解釈すると、みごとにセオリー通りだそうですよ。ところで、人事に関しても今後のビジョンを考えられたのですか。

 

青野  

はい。「新30年ビジョン」には、現在約800社あるグループ企業を30年後に5000社にするとあるのですが、その5000社の国内・国外比率、トップの男女比、平均年齢、必要な人材像などを人事のメンバーで真面目に議論したわけです。

 

     
  NEXT
↑page top