対談タイトル
プロフィール
未来予測ロゴ   日本の雇用を守ることと高齢化対応が最大の課題
     
大久保  

国内市場の成長が期待できないことに加えて、車という商品そのものが直面している変化があります。非常に舵取りが難しい時代ですね。

 

宮﨑  

何をターゲットにして商品開発をし、技術戦略を立てていくかがより大事になっています。日本や欧米先進国の市場は成熟化し、新興国市場へシフト。どんな車が売れるのかといった読みも必要になります。

 

大久保  

環境変化に応じて人材戦略も変化するはずです。今視界に入っているテーマは何ですか。

 

宮﨑  

1つは、グローバル化への対応。もう1つは、従来とは違った車づくりに対応できる人材の育成。その一方で、日本のものづくりは最後の最後まで残していくという覚悟のもと、雇用を維持することと高齢化対応が大きな課題です。景気がよかった頃とは違い、今は付加価値を生めない人材まで抱える余裕はない。個の戦力化が重要になっています。

 

     
未来予測ロゴ   中央集権から、地域主権のグローバル化へ
     
大久保  

これまでいろいろな企業で話を伺いましたが、グローバル化には一定の段階があるようです。最初は日本人が海外に出ていきリーダーシップをとる。次に、現地で採用した人を経営陣に抜擢し組織を現地化。ただこれだと、各国、各地域での最適施策は実現できてもグローバル全体にとっての最適施策はとりにくい。そこで、次は日本人と外国人混合のグローバルリーダー人材プールをつくるという段階になります。

 

宮﨑  

欧米での現地化は歴史もあり、トップを張れる人材も育っています。要に日本人を置きつつ、基本的には現地で現地の人材が判断する方向に進んでいる。一方、新興国はまだそうした段階に至らず、人材を育てながらも実質日本人が指揮を執っている状態です。ただ、国によってスピードは違います。中国のように一気に伸びた国もあれば、なかなかマーケットが成熟化しない国もある。現実は二極分化しています。その国に応じた形でやっていくしかない。

 

大久保  

諸外国の人材を他国法人の経営者として登用するようなこともありますか。

 

宮﨑  

弊社には地域ごとに統括会社があって、たとえば、タイの地域統括会社にはアジア各国の人材を集めて交流を進めており、必要であればそこから送ることも可能です。しかし本来は、その国の人材がその国の社長を務めるのがいちばん望ましいのです。そうした人材を育てていくことも、各地域統括会社の大きな役割になっています。

 

大久保  

特に新興国は、欧米とは違うニーズが存在します。経営トップが地域のニーズを的確につかんでいるかが勝敗の鍵となる。

 

宮﨑  

そうなんです。インドで、欧米で実績のある「カローラ」を販売していますが、思ったほど伸びません。「カローラ」の価格でさえインドでは高級車の扱いなのです。それで「エティオス」というエントリーカーを出したところ、よく売れている。社内には、欧米基準だけで物事を考えてはいけないという反省が生まれており、弊社社長の豊田章男も、「地域主体の経営」「地域の実情に即した車づくりをしていこう」というメッセージを発信しています。

 

     
  NEXT
↑page top