Column

100年キャリア時代、
転職を未来への「機会」にするために

 

キャリアトランジションの核となる「転職」

100年キャリアの時代、「転職」は個人・企業双方にとって、今までより身近で、未来に向けた大きな機会となる。

前回紹介した「100年キャリア時代の就業システム」において、「転職」を、個人が自らの能力を元手として、組織に参画※注 していくための、キャリアトランジションの重要な一形態とした。「転職」において、個人が円滑で最適な転職を行うことや、企業や社会が「転職」が当たり前の世の中に対応してその行動様式を変化させていくことは、100年キャリア時代の好循環をつくり出すための重要な要素の1つとなる。

個人が組織に参画する。組織は参画してきた個人を最大限活用し、イノベーションを持続的に生み出す。そして、生み出された利益を企業が個人に投資・分配する。個人はこうして得た能力や収入を支えとして、次なる挑戦に踏み出すことができる。
これこそが、我々がイメージする100年キャリア時代の「転職」を起点とした好循環である。

※注:我々は個人のキャリアトランジションの在り方を、「転職」・「独立・起業」に分けて整理しており、本稿では企業での雇用関係を前提として組織に参入する「転職」について扱う

 

100年キャリア時代の就業システム

 

この30年間で、大企業や35歳以上にも浸透した転職

転職はこの30年間でずいぶん一般化してきた。厚生労働省「雇用動向調査」によれば、年ごとの景況感により変動はあるものの、転職入職者は増加傾向にある。転職しやすいパートタイムなどの非正規雇用を除いた一般労働者で見ても、1985年から2015年に転職入職者は187万人から308万人へ、実に1.6倍に増加している。

特に1000人以上の大企業に限定すると、転職入職者は29万人から89万人へと3倍に増えており、大企業においても中途採用を活発化する動きが広がっており、企業の採用行動の変化がうかがえる。

また、「35歳転職限界説」といわれるように35歳を過ぎると極端に転職ができなくなるといわれてきたが、35歳に限ってみても、1985年の77万人から2015年の171万人と2倍以上増加している。このことからも、多くの人にとって転職は身近なものになっている。

 

転職入職者の推移(一般労働者)


出所:厚生労働省「雇用動向調査」

 

加えて、リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査2017」によれば、同業種同職種での転職は24.4%のなか、異業種異職種での転職は45.1%となっており、異なる分野への転職となる割合が大きい。多くの転職者は過去の職業経験を十二分に活かせない可能性もあり、その意味では、転職は個人にとって、「当たり前だが、非連続な」キャリアトランジションとなっている

 

 

次ページ 「転職」をとりまく、見逃せない4つの問題

2017年12月14日