Column
労働政策で考える「働く」のこれから

100年キャリア時代に「働く」はどうなっていくのでしょうか。

リクルートワークス研究所労働政策センターでは、日本的雇用システムに代わる次の時代の就業システムと、その実現に向けた労働政策を検討しています。連載『労働政策から考える「働く」のこれから』では、新たな就業システムの構築に向けた重要なテーマについて、様々な視点から現状を整理し、目指すべき方向性を提案します。

  • 企業規模間の賃金格差、古くて新しい課題
    2018年01月19日
  • 「賃金」が生み出す、新時代の“好循環”
    2018年01月19日
  • 「高くつく転職」を生む隠れた制度
    2017年12月22日
  • 企業の人材投資と転職増は両立するか
    2017年12月21日
  • メンバーシップ型の日本での転職―「転職=即戦力」幻想の先へ
    2017年12月18日
  • 「賃金ダウンありきの転職」を乗り越える
    2017年12月14日
  • 転職を未来への「機会」にするために
    2017年12月14日
  • 100年キャリア時代の就業システム ―これからの「働く」と労働政策―
    2017年12月11日