Column

オーストラリアでの採用戦略やタレント・マネジメント事情に詳しいトレバー・バス氏(Human Capital Management Solutions Pty Ltd社のエグゼクティブ・ディレクター)は、有能な人材を効率良く獲得するために、採用プロセスを整理した「人材ソーシングマップ」(2ページ目で紹介)の作成を提案する。現地で有能な管理職候補を採用する場合にも活用できる。

◆採用後の定着につながるソフト・スキルを見極めよう。

◆採用経路の戦略を立てるために 人材「ソーシングマップ」を作成しよう。

 


「人材ソーシングマップ」を使った採用戦略のススメ

オーストラリアにおける採用方法は、企業向け人事システムの技術開発の進展に伴い、過去15年間で著しく進化した。ソーシャルメディア、求人サイト、デジタル・マーケティング、そして、ビジネス・ネットワークの広がりにより、採用経路の選択肢が広がった。Facebook(フェイスブック)、LinkedIn(リンクトイン)、Twitter(ツイッター)、 Indeed(インディード)、 CareerOne (キャリアワン)などを通じて、誰もが人材に直接アクセスできるようになった。
労働市場におけるスキルの需要と供給は、非常に分かりやすい。オーストラリアや諸外国の採用担当者は、市場を把握し、スキルを持つ人材に直接アクセスできる。しかし、採用担当マネジャーが候補者を採用するまでには、いくつかの採用手順を見直す必要がある。

採用前に把握しておくべきポイント
採用を成功させるために心得ておくべきポイントは、下記に集約される。採用前からこれらを明確にしておけば、成功する可能性は高い。

•    必須とするスキル・コンピテンシーは何か
•    候補者にとっての利点は何か(候補者が職に就いた時に得られるメリット)
•    どの採用経路を使えば、求めるスキルがあり企業文化にマッチするような人材が見つかるか
•    採用してから社員として業務を開始するまでの、具体的なスケジュール
•    利用可能な採用経路の確認(求人サイトの有料サービス、過去に利用したことのある人材紹介会社、社員紹介など)
•    コストパフォーマンスを上げるため、必要な時に必要な人材を採用できるジャストインタイムの採用サービスを活用する。

定着につながるソフト・スキルを見極める
どのような資質を持った人材が、採用後に優秀な社員や管理職になるのか。それを見極めるのが最も重要である。オーストラリアで必要とされる資質は、日本の場合と異なるかも知れない。しかし、その違いを理解して評価すれば、社員のパフォーマンスは上がり、長期雇用につながるだろう。プロジェクト・マネジメントの手法や金融商品の取り扱い、営業スキル、OA機器の操作といったハード・スキルの有無は、判断しやすい。スキルの重要性を判断するためには、自問するとよい。下記の問いに現実的な答えができていれば、短い時間で質の高い人材を獲得することができるだろう。

•    スキルや経験がなくても、この職務は務まるのか?
•    そのスキルは簡単に習得できるか?
•    訓練する時間と余裕があるか?
•    ほかのスキルで代用できるか?
•    1人に複数のスキルを求めるのか?

ハード・スキルに比べて、業績を上げるために必要なソフト・スキルを見極めるのは、そう簡単ではない。ソフト・スキルには、以下のような能力が挙げられる。

•    逆境に対処できる能力
•    論理的思考の度合い
•    回復力や順応力
•    管理されなくても自ら働く能力

ソフト・スキルは採用プロセスで軽視されがちだが、のちに離職の原因となっていることが多い。
どのようなハード・スキルとソフト・スキルを求めるべきかは、下記の方法で確認すると良い。現実的かつ魅力的な条件を候補者に提示できるだろう。

•    インターネットで同地域の類似の求人情報を検索し、自社の募集条件と比較、妥当性をみる。
•    同じような人材を探している他の企業の待遇と比較してみる(競合先と比較するのが良い)。
•    その分野の専門家に相談し、その業務を成功させるために必要な資質や能力を把握する。
•    この業務において最も優秀なのは誰か、専門家に相談して意見を求める。
•    リンクトイン等で、社員の人脈を通して人材を紹介してもらう(デロイトを始め、多くの組織が社員の人脈を活用している)。

2015年02月09日