Column
海外におけるインターンシップ最新事情

景気の回復を受け、日本企業は新卒採用を増やす傾向にあるが、新卒採用活動時期の短縮などの理由で、インターンシップに取り組む企業が増えている。
自社で長期的に活躍できる人材の見極め、入社後のミスマッチが解消できることから、欧米の大手企業はインターンシップを採用経路として積極活用している。
本コラムでは米国を中心に、企業、大学、学生、サポート機能の視点から、インターンシップの実態や活用事例などを紹介する。
全文ダウンロードはこちら

グローバルセンター

  • 少ないインターンシップ枠をめぐり熾烈な競争を繰り広げる豪州の学生
    2015年12月08日
  • 革新的な試みを生み出す英国大学のキャリアセンター
    2015年11月24日
  • この5年で英国がインターンシップ先進国になった理由とは?
    2015年11月11日
  • 新卒者向けジョブサイトの専門家が見た、インターンシップ最新事情
    2015年11月04日
  • “人生を変える”体験の提供を志すディズニー社のインターンシップ
    2015年10月29日
  • 将来有望な人材と早期に関係構築するデロイト社のインターンシップ
    2015年10月26日
  • インターンシップ初日から信用調査アナリストとして市場調査や投資分析を担当
    2015年10月20日
  • 正社員登用率9割以上。Ernst & Young(EY)のインターンシップ
    2015年09月24日
  • 採用数は8,500名超、新卒を大量採用する米国企業の採用手法
    2015年08月28日
  • ジョージ・ワシントン大学が「インターンシップに最も適した大学」に選ばれた理由
    2015年08月04日
  • 若者の就業経験減少を背景に、米国ではインターンシップへの関心が高まる
    2015年07月24日
  • 米国のインターンシップの特徴を探る~採用オファー編~
    2015年07月09日
  • 米国のインターンシップの特徴を探る~募集・選考編~
    2015年06月24日
  • 雇用主には「採用」、学生には「就職」に直結した米国のインターンシップ
    2015年06月09日