Column

マルテラ

ワークスタイルの改革を促進するオフィス
マルテラ

直営店は北欧・東ヨーロッパ中心。代理店を通じ世界へ展開マルテラ
マルテラ社はフィンランドを代表する家具およびインテリアソリューションの会社である。マルテラのユニークな特徴は、幅広いサービスで、あらゆる需要に対応するインテリアソリューションとそのメンテナンスのサポートを行うことである。フィンランドでは、設計からデザインと施工、メンテナンスや撤去等、あらゆる側面でのサービスを提供している。

製品としては、インテリア・家具のほか、公共空間(劇場・コンサートホール等)にも携わっている。
標準的な机・椅子は輸出していないが、木材で作った特殊なデザインの付加価値のある製品を販売している。

主な取引先は、フィンランド政府。直営販売店も展開し、フィンランド・スウェーデン・ノルウェー・ポーランド・ロシアに店舗を構える。特に、ポーランドは安定した重要な市場である。

その他は代理店を使って世界中で活躍している。日本では1995年から参入し、主にコクヨ・アクタス・ヤマギワに販売している。特にコクヨでは、デザインを優先した付加価値の高いオフィス家具で注目されている。
フィンランドでのシェアは45%でNo.1、北欧ではトップ3に入り、ヨーロッパ全体では11位から12位である。生産工場はフィンランドに2カ所、スウェーデン・ポーランドにある。その他の生産は協力会社に委託しているが、一部はコーポレートで製作しマルテラ社で組み立てを行っている。
1986年に株式上場を果たしているが、家族的経営が残っており、現在の社長も創業者の息子である。

環境・品質を重視したモノづくり02_025
環境への配慮・対策や高品質な商品やサービスを、顧客からも常に高く要求されるので、ISO9000と14000を取得して、ISOを標準とし、大切にしている。また、各商品は販売する前に、ヨーロッパで標準試験を行い合格した後、販売している。

主な具体的な環境対策として、
①生産時に出るゴミを少なくする。
②なるべく長持ちする家具を作る。長年使用できる製品を製作する。
③製品はリサイクルして販売する。の3点が挙げられる。

企業としての考えだけでなく、マルテラ社としての責任制を重要な価値観と考えている顧客がいるため、この理念は非常に大切にしている。そのため、環境政策戦略の中にも責任制を取り込み、活用する利用者(顧客)にも責任制を要求している。

理念と並行して、企業スローガンにおいても同様のことを挙げている。
①製品の責任制をとる。
②良いインテリアを作ることがブランドとして、仕事場の環境をより良くする家具作りを開発していくことにつながる。
③職場で使用する家具を使って、その人がインスパイアを果たしていくことで想像力や活気が出ること。
常に、これらを意識することで、より良い製品づくり、ソリューション提供に力を注いでいる。

2015年04月09日