Column

スウェーデンの概況 [雇用・労働]

1.経済概況
2012年のスウェーデンの実質GDP成長率は0.9%と低迷した。内需は総固定資本形成が3.3%増、個人消費が1.6%増と堅調だったが、輸出が0.7%増と伸び悩んだことによる。
2013年の実質GDP成長率は1.6%となった。個人消費は2.0%増と回復傾向を見せ始めたが、総固定資本形成が1.1%減、輸出も0.4%減と回復が遅れた。
スウェーデン王立銀行(中央銀行)は、金融危機を理由に2008年10月に4.25%だった政策金利を2009年7月に0.25%まで引き下げたが、2010年7月からから再び引き上げに転じ、金利は2011年7月には2.00%となった。しかし、スウェーデン・クローナ高の進行、輸出停滞による景気への悪影響を予防、デフレ傾向の阻止に向けて、2011年12月には再び引き下げ基調に転じ、2014年7月に政策金利を0.75%から0.25%に引き下げた。なお、直近では、2014年10月に政策金利を過去最低の0(ゼロ)%とした。
政府は2014年4月9日、今後3年間の経済予測と中期的な財政の枠組みを示す春予算案を発表した。今後3年間の前半は失業率改善のために教育やインフラ整備に力を入れ、後半は財政黒字目標の達成に努めるとしている。予算案と同時に経済見通しを発表し、2014年の実質GDP成長率は2.7%と予測、2013年9月に発表した2.5%から上方修正した。05_01_2

 

2015年04月30日