Column
北欧のグローバル企業に学ぶ

フレキシブル・ワークの先進国として取り上げられることが多いフィンランド、スウェーデン、ノルウェー。2014年9月に東京経営者協会の欧州企業視察団として団員10名とともに各国を代表する企業や団体を訪問しました。ここでは、エレクトロラックス社、マルテラ社、テリアソネラ社、アケルソリューションズ社の4社について国際競争力の強化や女性の活躍推進など、実際の取り組みを紹介します。

取材・Text・Photo
リクルートワークス研究所 グローバルセンター
東京経営者協会
東京経営者協会(東京経協):1946年6月創立。その後、日経連と共同事務局で活動。2002年5月、日経連と経団連の統合による「(社)日本経済団体連合会」(経団連)の発足にともない、東京における人事・労務・人材育成分野を基軸とした総合経済団体として活動を展開。

  • フィンランドの概況 [雇用・労働]
    2015年05月21日
  • ノルウェーの概況 [雇用・労働]
    2015年05月14日
  • スウェーデンの概況 [雇用・労働]
    2015年04月30日
  • 従業員の国籍は100カ国。多国籍企業では「価値」の共有が重要
    (アケル・ソリューションズ)
    2015年04月23日
  • 女性管理職比率35%、フレキシブル・ワークを推進する
    (テリア・ソネラ)
    2015年04月16日
  • ワークスタイルの改革を促進するオフィス
    (マルテラ)
    2015年04月09日
  • ダイバーシティ経営におけるナショナリティの需要
    (エレクトロラックス)
    2015年03月31日