リクルーティングの未来 ~グローバル人事 最前線~ 毎月更新 全21回

Vol.20 グローバル大手企業人事責任者によるリクルーティングの未来調査<2> グローバル化とテクノロジーへの対応策

米国の大手企業の人事責任者を対象に、2011年9~10月に実施した「10年後-採用の未来」調査結果を、3回にわたってご紹介したい。 ※回答は、55社64名(管理職、社長、バイスプレジデントレベル)。回答企業のうち海外に拠点を持たない企業16.3%、米国外を本拠地とする多国籍企業16.3%、米国を本拠地とする多国籍企業67.4%であった。

1.グローバル化への対応策

グローバル化によって新興国での採用が増加し、それに応じて採用方法も文化の違いに適応させていく必要性が高まると、大半の人事責任者は考えている。アンケート回答企業が製造業が多かったため、サービス業やIT産業の実態を考えると、非正規労働者の活用やクラウドソーシングの需要予測については、実際には同意する率が高まると考えられる。

  • Q.
    BRICS等の新興国における採用により焦点が置かれるようになる。
    A.

    BRICS等の新興国における採用により焦点が置かれるようになる。

  • Q.
    国ごとの文化や慣習の違いに採用方法を適応させる必要性が生じる。
    A.

    国ごとの文化や慣習の違いに採用方法を適応させる必要性が生じる。

  • Q.
    各地域の採用慣行は、その文化に応じて規格化される。
    A.

    各地域の採用慣行は、その文化に応じて規格化される。

  • Q.
    正社員の採用から、居住地を問わずプロジェクトベースで働くフリーランサーや契約労働者、その他の非正規労働者へのアウトソーシングにシフトしてく。
    A.

    正社員の採用から、居住地を問わずプロジェクトベースで働くフリーランサーや契約労働者、その他の非正規労働者へのアウトソーシングにシフトしてく。

  • Q.
    「クラウドソーシング(自己管理型のクラウドコラボレーション)」の需要は高まる。
    A.

    「クラウドソーシング(自己管理型のクラウドコラボレーション)」の需要は高まる。

【回答者コメント】

「グローバル化は今後も続き、クラウドも重要な役割を担うだろう」

「弊社では国際的な採用はあまり行っていないが、本や雑誌で読む限り、この傾向が見られる。クラウドソーシングについては、まったくわからない」

2.テクノロジーの発展と採用の変化

テクノロジーの発展によって、「人材探し」「情報伝達手段」「調達」がこの10年では大きく変化してきた。今後10年の予測でもその傾向は変わらず、さらに「選考」や「プレスクリーニング」にも変化が見られるようになるだろう。それに伴って、リクルーターの役割も変化してきているといえる。

<過去10年の発展>

  • Q.
    過去10年間で、テクノロジーツールの導入により、下記10項目がそれぞれどの程度の影響を受けたか。
    A.
    • 1.人材探し

      1.人材探し

    • 2.充足

      2.充足

    • 3.調達

      3.調達

    • 4.プレスクリーニング

      4.プレスクリーニング

    • 5.正式な試験

      5.正式な試験

    • 6.面接

      6.面接

    • 7.選考

      7.選考

    • 8.経歴チェック

      8.経歴チェック

    • 9.オンボーディング

      9.オンボーディング

    • 10.情報伝達手段

      10.情報伝達手段

【回答者コメント】

「人材を見つけるのは、どんどん容易になっている」

<今後10年の発展>

  • Q.
    今後10年間で、テクノロジーツールの導入により、下記10項目がそれぞれどの程度の影響を受けるか。
    A.
    • 1.人材探し

      1.人材探し

    • 2.充足

      2.充足

    • 3.調達

      3.調達

    • 4.プレスクリーニング

      4.プレスクリーニング

    • 5.正式な試験

      5.正式な試験

    • 6.面接

      6.面接

    • 7.選考

      7.選考

    • 8.経歴チェック

      8.経歴チェック

    • 9.オンボーディング

      9.オンボーディング

    • 10.情報伝達手段

      10.情報伝達手段

【回答者コメント】

「あらゆる領域に大きな変化の可能性があるが、実際には、許可や法律、規制によって制限されるべきだ」

Page Top