リクルーティングの未来 ~グローバル人事 最前線~ 世界のリクルーティングの潮流は、どのような方向に向かおうとしているのか。現状と未来について、海外の有識者や企業人事の方々にうかがった。 毎月更新 全21回

  1. Vol.1 「雇用」研究の第一人者が見る、世界の採用とは… ペンシルベニア大学ウォートン・スクール・オブ・ビジネス教授 ピーター・キャペリ氏 Peter Cappelli 4/1 up
  2. Vol.2 2020年に向けたモチベーションのあり方とは!? 作家 ダニエル・ピンク氏 Daniel H. Pink 4/15 up
  3. Vol.3 グローバル時代における労働市場の現実と課題 ロンドン・ビジネス・スクール教授 リンダ・グラットン氏 Lynda Gratton 5/1 up
  4. Vol.4 グローバル企業の採用戦略デロイトの場合 デロイト人材獲得部門グローバルディレクター ケント・カーチ氏 Kent Kirch 5/15 up
  5. Vol.5 グローバル企業の採用戦略ペプシコの場合 グローバル人材獲得部門バイスプレジデント ポール・マーチャンド氏 Paul Marachand 6/3 up
  6. Vol.6 グローバル企業の採用戦略エクスペリスの場合 エクスペリスリクルーティング部門長 トム・ベッカー氏 Tom Becker 6/17 up
  7. Vol.7 グローバル企業の採用戦略ジョンソン・エンド・ジョンソンの場合 ジョンソン・エンド・ジョンソン製薬部門リクルーティングディレクター エディ・スチュワート氏 Eddie Stewart 7/1 up
  8. Vol.8 グローバル企業の採用戦略ロールス・ロイスの場合 ロールス・ロイス グローバル・リソーシング・サービス部門長 ジェフ・ラッキー氏 Jeff Lackey 7/16 up
  9. Vol.9 グローバル企業の採用戦略ウォルマートの場合 ウォルマート・ストアーズ コーポレートリクルーティング部門シニアディレクター マイク・グレニエ氏 Mike Grennier 8/1 up
  10. Vol.10 グローバル企業の採用戦略BTグローバルサービスの場合 BTグローバルサービス最高人事責任者 ナイジェル・パークス氏 Nigel Perks 人事バイスプレジデント ビビアン・レインスター氏 Vivian Leinster 8/15 up
  11. Vol.11 人材サービスのプロの視点 欧州編 ランスタッド・ホールディングベルギー広報部長 ヤン・デニス氏 Jan Denys 9/2 up
  12. Vol.12 人材サービスのプロの視点 英国編 英国人材開発協会 人事施策開発責任者 ヴァネッサ・ロビンソン氏 Vanessa Robinson 労使関係アドバイザー ベン・ウィルモット氏 Ben Willmott 9/17 up
  13. Vol.13 人材サービスのプロの視点 英国編 英国求人雇用連盟 リサーチ・ディレクター ロジャー・トゥイーディ氏 Roger Tweedy 10/1 up
  14. Vol.14 人材サービスのプロの視点 人材派遣 国際人材派遣事業団体連合(CIETT) マネージング・ディレクター デニス・ペネル氏 Denis Pennell 10/15 up
  15. Vol.15 人材サービスのプロの視点 人材マネジメント CMGグループ CEO 米国人材マネジメント協会 元COO 元DBM北米社長 チャイナ・ゴーマン氏 China Gorman 11/1 up
  16. Vol.16 HRMの過去と未来 変わること、変わらないこと SHRM(Society for Human Resource Management) チーフ・ナレッジ・オフィサー デボラ・コーエン氏 Deborah Coen 11/15 up
  17. vol.17 世界のトップ企業の動向から見えてくる未来(1) キャリアクロスローズ 共同代表  マーク・メーラー氏 Mark Mehler 12/2 up
  18. vol.18 世界のトップ企業の動向から見えてくる未来(2) キャリアクロスローズ 共同代表 SHRM(Society for Human Resource Management)理事  ジェリー・クリスピン氏 Gerry Crispin 12/16 up
  19. vol.19 リクルーティングの未来調査1 グローバル企業の人材戦略と採用方法の変化 1/15 up
  20. vol.20 リクルーティングの未来調査2 グローバル化とテクノロジーへの対応策 1/22 up
  21. vol.21 リクルーティングの未来調査3 リクルーターの役割の進展 最終回

※予定は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※vol.19~21 調査対象:米国を中心とするグローバル企業55社の管理職・経営者64名

Page Top