Column
人生100年時代の働き方

少子高齢化とともに労働人口が減少し、企業の労働力不足が叫ばれる中で、アクティブシニア層が生き生きと活躍できる社会の創造が、次世代の日本の重要なテーマとなっています。本シリーズではシニア人材を活かす新たな人事施策の構築、実践に取り組まれている企業、「定年制廃止」「70歳定年制」などを推進されている企業に取材し、シニア人材がその能力を発揮し、若手とともに活躍できる社会実現への処方箋を探ります。

村田弘美(グローバルセンター長)
高山淳(株式会社トライ・エックス)
PHOTO=飯島裕

  • 63歳・65歳の2ステップで定年引き上げ。 シニア世代倍増に備え、制度を再構築
    2019年03月13日
  • 再雇用社員は水曜日を休日に。年収も130%にUPした理由
    2018年10月01日
  • 2013年に68歳定年制を導入。将来の定年制廃止も視野に自由な働き方を志向
    2018年09月27日
  • 定年を65歳、定年後再雇用を70歳に。サラダの「匠」など意気盛んなシニア
    2018年09月14日
  • 開業時より定年も役職定年もなし。“年齢フリー”で、学び、挑戦する風土
    2018年09月07日
  • 世界が認めた加工技術をシニアが支える。年代問わず働く喜びこそ人の原動力
    2018年07月03日
  • 2025年、60歳以上の社員が1,000名 「人の無限の可能性」を活かす経営
    2018年06月22日
  • シニアのタレントが集う「時之栖」70代、80代が現役で第一線に立つ
    2018年05月14日
  • シニアのキャリア形成もチャレンジングに ソニーの「Career Canvas Program」
    2018年04月16日
  • 生涯現役プレイヤーとしてシニアに期待する「65歳定年制」と「アクティブ・エイジング制度」
    2018年04月05日
  • 「福祉的雇用」から「仕事ベースの処遇」へ 世界が注目する高齢化先進国の実験
    2018年03月28日